Jは祭りだ、共に生きよう

「加藤シゲアキさんと映画」について書きとめていくブログです

加藤さんの語る映画『ピンクとグレー』

加藤シゲアキさんが、映画『ピンクとグレー』、監督、裕翔くんへの想いをラジオで語られていた箇所をメモ。

 

(SORASHIGE BOOK 2015/12/27)

 

1月9日からですね、映画『ピンクとグレー』公開でございます。
僕はただの原作者なんで、あんまり映画にはコミットしていないのですが、最近ちょこちょこと宣伝で少しだけ参加させてもらうことがあって。行定監督と試写会で久しぶりに会って、最後に会ったのは剛くんの舞台かな…違うかな、ちょっと間が空いてたんですよ、行定さんに会ったのが。
感想も、メールなんかで言うよりも直接会って言えたらいいなあと思ってたときに色々話させてもらったんですけど。

まあね、行定さんこの映画のことを本当に愛してくださっていて。原作のことも愛してくださっていて。


正直ね僕、試写会で観たときはすぐね自分の感情が整理できなくて、言葉にするのをちょっとためらっていたんですけど、本当にまずホッとしたということですよね。映像化してもらって、そしてそれがちゃんと映画という形になったことに。

もう、本出したときからさあ、勝手にみんなさあ(笑)、『いつ映像かするんですか!』とか、勝手ねみんな(笑)! 『キャスティングは誰をイメージしてますか!』とか、『なんもないっすよ、本出ただけで僕いっぱいいっぱいっすわ~』みたいな(笑)。
でも言われるから、期待してないと思ってもどっか心の隅にあったんだと思うのよ。今回、その、色んな話も実際あったし、頓挫したものもあった中でようやく形になって、まずホッとしたということがあって。

かなりね、こう、原作を忠実にやっているというよりは、一つ噛み砕いて、監督が映画というパッケージに作り直した。

その理由はですね、聞いてて納得したんですが、原作のまま映画にしても、それは原作を超えないし、原作通りの映像化になる。だったら本を読めばいいじゃないか、と。

映画にするときにまた面白いものにするっていうことは、自分なりのこういう答えだった、とい話を聞いてて、なるほどなあと納得した部分もあるし。
本当に、うん、なんか、行定さんはね、一歩引いて見てるんですよね、『ピンクとグレー』を、キャラクターたちを。年齢も、老けたって仰ってましたけどご本人も。なるほどそれもすごい面白くて。

自分で言うのも変だけど、『ピンクとグレー』ってすごい湿った話っていうか、じめじめとした湿度の高い話なんですよ――まあ『ピンクとグレー』に限らずなところはありますが(笑)。ちょっとまあ水分の多い物語なだけに、まあウェットなんですよね、本はね。
でも映画の感覚はすごくドライなんですよ、冷たいぐらいにドライなんですよね、最後観終わったあとに。

それが、なんか、まったく違うっていうよりも、ウェットな部分を最終的に渇いた風がすべて乾かしていくような、そういった印象を僕は受けたんです、観て。

ウェットな部分の先っていうことなのかなあということで、逆にちょっと勉強になった。

まあ、色んな感情をさ、言葉にするのは難しいんだけど、俺も。まあ、なんか、はっきり言ってさ、『ピンクとグレー』好きじゃん、なんかファンの人みんな(笑)。なんか、好きなんだと思うんですよ、僕のファンの方は特にね――僕にとっても大事な作品ではありますけど。
そういった方が、どう思うのかがね、楽しみ。割れていいと思うんだよ、賛否両論に。みんなが好きっていう映画なんて実際ないしね。その中で、なんか、どんな感想が来るのか僕は本当に楽しみにしています。どんな感想が来ても受け止めるし、素直に喜ぶので、ぜひね、観に行ってあげて欲しいです。

もっと言えば、映画は監督とキャストのものなんですよ。

裕翔にも言ったんだけど、この映画の一番の理想的な形は、監督の代表作になることであり、中島裕翔の代表作になることだと思うんですよ。僕の代表作ではなく。

のでまあ、そういう部分を含めて、後輩のためにも観てあげてほしいなと、思います!



『ピンクとグレー』をそれこそ「死ぬ気で」書いて、この世で一番の思い入れを持ってる人が、原作とはまた違う世界を展開した映画について、ここまで言葉を選んで真摯に語っていて、映画のことをとても応援しているということに、感情を揺さぶられます。

私もこの姿勢、見習いたい。


いつも原作の話をしてくれる裕翔くんも、いつも「裕翔の映画だから」「主演が裕翔で良かった」って言ってくれる加藤さんも、本当に素敵だなと思う。


裕翔くんが映画主演俳優として、本当にこの瞬間しか成し得ないほどの素晴らしい輝きを放ち、すさまじい憂いを表現している映画です。
加藤さんが、アイドル人生をかけて身を削る思いで書き、アイドルとしてではなく新人小説家としてきちんと評価された小説です。


小説も映画も、触れておいて損のあるものでは決してないと思います。

ぜひこの機会にいかがでしょうか。

 

 

加藤シゲアキ『ピンクとグレー』 | KADOKAWA

 

映画『ピンクとグレー』公式サイト